WEBディレクターをやっていて、ウェブカツやっててよかったこと その3

こんにちは。製造業の会社でWEBディレクターをしています。
1年以上かけて担当してきたサービスがいよいよ終盤に差し掛かっています。
システムインテグレーターに発注して、検証もいよいよ終盤。来月にはサービスの公開が控えています。

プログラミングとは関係なく、「エンジニアも金のことを気にしてよ」という記事です。
ウェブカツで「技術力だけあってもだめ」というのをよく見るので、書きました。

つい最近SEの方からこんなやりとりをしました。
SE: そういえば、「検収」って9月でしたよね〜
私 : すみません、こちらは10月と思っていましたが…
SE: そうだったんですか、あとで営業からも連絡しますね。

検収とは、WEBサービスが完成して、発注側がOK出すことですね。
作り手が完成と思っていても、発注側が認めないと検収があげられません。
そして、発注側がお金を支払うのは検収をあげた月を基準に決まります。
たとえば、9月検収、10月支払いという感じです。

私は相当焦りました。1年以上かけて進めてきたので、安い金額ではありません。
社内で案件の管理を行っており、検収時期を早めるということは少し面倒です。
それに9月も下旬に差し掛かっています。すぐに部長に相談しました。
案の定部長も渋い顔です。今までのやりとり、状況をもう少し確認することにしました。

そして営業の方に確認すると、
私: 検収時期、9月という認識でしょうか?
営業: それなんですが、すみません。弊社の事情で検収だけ9月にあげさせて
いただけないでしょうか。支払いは11月でかまいませんので。
私: そうだったんですか。それでしたら、社内でも対応できると思います。
(それ、早く言ってよ〜)

ウェブカツでの「技術力だけあってもだめ」というのを感じました。
金に関することなので、もっと丁寧に伝えてくれたら良いのになと感じました。
始めから営業の方の伝え方であれば、部長に相談する必要もありません。

この辺りの経理的な仕事は、決して難しくはないですが絶対にミスできません。
支払い時期の認識が違って放置したら、最悪支払い遅れになります。
個人的には大きな負担になっているので、なんとかスムーズに進めたいです。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です