Laravel 学習時間10時間の初心者がコンポーネントを使ってみる

2020 1/28

Laravelを勉強し始めて1週間。たくさんの機能と専門用語の多さにとまどっています。
今回はBladeとコンポーネントという仕組みをご紹介します。なんのための機能かというと…

同じhtmlを書かなくてもよくなります。

いろいろな画面にもどるボタンを配置する例でご紹介します。
まず共通化したいもどるボタンのコードは以下の通りです。

<div class="form-group row mb-0">
    <div class="col-md-6 offset-md-4">
        <button type="button" class="btn btn-primary" onclick="history.back()">
            {{ __('Back') }}
        </button>
    </div>
</div>

このファイルを以下ディレクトリに置きます。componentsはなかったので、新規に作りました。
resources/views/components
念のためファイル名も記載します。
resources/views/components/back.blade.php
ディレクトリ名とファイル名が大切です。

ディレクトリ名:components ➡️ ここに置くファイルが共通部品になるよ

ファイル名:back ➡︎ 部品の名前はbackになるよ

これで準備完了です。あとはもどるボタンをいれたいBladeのファイルで以下のように記述します。

@component('components.back')@endcomponent

とても簡単ですね。
もっといろいろなことができますが、ここまでにしておきます。
以下サイトを参考にしました。
https://webplus8.com/laravel-blade-component/

公式の記述を理解するには、まだ力不足でした。
https://readouble.com/laravel/5.5/ja/blade.html

関連記事

コメント

コメントする

目次